レモンの成長

春に花を咲かせ初夏には実をつけ家族を狂喜乱舞させたレモンは 金柑の実ほどの大きさになってからは落伍者を出すことなく(咲いた花の数だけ実をつける 訳ではないからいくつ実るか ハラハラしていました)表皮がうっすら黄色になるものも。 園芸の本によると、10月にはレモンイエローになって、収穫の予定です。 …

続きを読むread more

PCR検査の疑問

幸いにも我が家にはCOVID19感染者は未だ、いない。 知り合いに濃厚接触者、陽性者、感染者、発症者が見つかったので身近に感じて来た。、、でもこれらの人の中に症状が出た人は二人......  つまり、発症者だけ。 PCR検査で検出できるのはSARS-cov2だけ?と思っていたら他のものも検出するらしい。 新型コロナウイルスだけでな…

続きを読むread more

秋の実り

果物は実りの季節に一度だけ楽しめるもの。桃も西瓜も楽しいが葡萄の季節は格別。色々な種類と味が続けて楽しめるから 爽やかな夏の甘さに比べて糖度が高く存在感が強い。。 今日の葡萄は藤稔巨峰に似ているがもう少し大きく、甘さと酸味が共存している。 効能に注目すると抗酸化力が旺盛、デメリットは加糖ブドウ糖ショ糖の3兄弟が吸収されて太り易…

続きを読むread more

ブルーな時

コロナ禍友人、親族との関係が希薄になってしまい仕事と自分にばかり注意が向けられるとブルーな気分になる事がある。 「ブルー」と云う表現は 古臭い感じはするが言い得て妙!ぴったりの言葉だ。 「誰かに相談する」と云っても例の、コロナ禍では皆、同じ気分で迷惑はかけられない? 「自己啓発の本を読む」と、読んでみても自分にぴったりのアイデアが…

続きを読むread more

残暑見舞い

西瓜が終わりになると未だ、かなり暑くても残暑見舞いが始まる。暦の上では立秋もとうに過ぎたから次に訪れるのは台風!!。 今年はいつもより早く、発生し被害も起きた。異常気象では済まされない程大型になり問題も増えている。 それでも当たり前のように残暑の暑さにも悩まされるから夏なの?秋なの?季節の変わり目に迷ってしまう。 休養も水分補給と…

続きを読むread more

家庭菜園で

晴れ間が見え始めた頃家庭菜園は花盛りになり次々に花と実りが続き、収穫を待っている。 広い庭を持つ友人からスペースとknow-howも貸してもらい初収穫に笑う。 収穫が嬉しいのは当たり前だが花の美しさにも感動。 夏休みの自由研究くらい、夢中になってる。

続きを読むread more

時期はずれだけど

季節外れの柑橘系シロップ漬けにしたけどその後当てのないまま放置...... なる物を友人からもらったので意を決してマーマーレードに。 どうやら高級な甘夏だったらしい。香りが高くジャムにしても負けない位。砂糖とラム酒を少々水分が減りとろみが出るまで煮込み、、焦げないように気を使い 出来上がったらとっておいたジャム瓶に。 手作りをする…

続きを読むread more

遭遇

浦和には競馬場がある 開催日には今も人が出回り駅前から競馬場までのシャトルバスも出る、何となく特別な雰囲気がある。 昔は街中でも馬を見かけた。訓練のためか、競馬場から厩舎まで離れていたのか時々、馬糞も落ちていた。 小学校の男子児童が「足が速くなる」おまじないに馬糞を踏んでいた。  今は昔。 そんな記憶を引き出してくれた競走馬…

続きを読むread more

骨つきマトン

パキスタン料理、第二弾 歩いて行けるうえに美味しいと来たら、、再た行って食べるに決まっている。 インド、ネパール料理店では定番メニューにはならない「骨付きマトン」のカレーがオススメと云われ注文してみた。 味、香り、スパイスの多さ異国情緒たっぷりでもてなされた。 マトンの匂いが苦手なら仕方がないが好きなら一度は経験しなければ。 …

続きを読むread more